京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ
にほんブログ村  にほんブログ村 料理ブログ まかない料理へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2007年03月17日

塩辛いたらこと、黒いたらこ

こないだ、うちの前でじっと悩んでいたはったお客さんが、

「あのぉー、ちょっと聞きたいんですけどぉー」
はいはい、なんですやろー


これって、たらこですよねぇ。
はい、たらこです。


うちの会社って、魚の加工をするんですけどぉ、タラの子を貰ったんですよぉ。
それが、大きい黒かったり朱色っぽかったりする、ドロンとしたのなんです。
それと、これと、違うんですよねぇ。

はい、これはスケソウダラの子で、それは、真鱈の子です。
スケソウダラの子を塩漬けにしたのがこのたら子で、一味とか香辛料を入れたのがあっちの「辛子明太子」ですね。
どちらも同じ魚の子です。



真鱈の子って、すごく高いものですよぉ。
いいモン、貰ったんですヨ。
大きいので、布巾で包んで蒸すとか茹でるとかして、ブツブツ切って出しと調味料を入れて炊かないと、味か沁みひんのです。
甘辛味付けが多いと思います。


もったいないことしたわぁ、と言いながら帰られました。
ちょっと、聞いてくれはったらねぇ。  

Posted by tao at 00:34Comments(0)Q & A