京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ
にほんブログ村  にほんブログ村 料理ブログ まかない料理へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2007年01月05日

恩讐の彼方に

大晦日夜シャッターを下ろすと何ともいえない心地です。それまではバイト君たちを叱咤激励ばかりしていた私ですが、感謝の気持ちで一杯になります。朝は疲れてボロボロの体でしょうから、そこをなんとか出勤してくれた顔を見ると、内心はよう来てくれたなあと思うのですが、長い最後の一日、緊張の糸が切れがちになるのをなんとか繋げようと、お八つを出したり、配達に行ってもらったり、こちらもあの手この手です。

店が片付くと、毎年のことですけど、ビールで乾杯をします。何故か皆、ビールを持って一人ずつもれなく乾杯しようとぐるぐる回ります。とりとめも無い話ばかりです。去年は皆で体重計で遊びました。体脂肪や体内年齢などがでるもので、量り合いをしたのです。

昔私が結婚してきた初めての年末、終わったと知って心に浮かんだ言葉が「恩讐の彼方」でした。お互い、いつも利害は一致するとは限らないし、対立もあります。けど、共にこんなにしんどい中をやってきた仲やんか。終わってしまった今、どこに心のわだかまりが残っているやろう。  

Posted by tao at 00:30Comments(0)魚屋のいろいろ

2007年01月05日

唯一のお正月飾り

除夜の鐘が鳴ると間もなくダウンしてしまいました。

年末にどの位寝ていたかというと、三十日には寝ていなくて、日付が替わって三十一日の二時迄主人が捌いたマグロの角切りを量って盛っていました。どうしてそんな時間にというと、前日店を閉めて皆が帰ってから、主人と二人で色々仕事をこなしていって、主人がマグロを捌きだしてから私も始めたわけです。
どうして夜中にするのかと言うと、昼間にできないからです。私がマグロを盛るのも、前日はバイト君に頼んだのですが、ひどく時間が掛かった上に、盛り方も汚くて売れなかったので、これは大変というわけです。それからつり銭の支度をしたりして、少し寝たら、もう起きて海老の支度からはじめないと。

毎年のことですが、年々こたえ方はきつくなってきます。ですから、恥かしい事ですがお正月の支度は元旦にしていたのが間違いでした。私が寝込むと主人の食べるものもありません。お雑煮のお出しすら取っていなかったのですから。数の子も戻さなくてはと思いつつ箱のままでしたし。
私自身も融通がきかないほうで、神さん仏さんにお参りしてからしか物を口に入れないという気があるので、お鏡さんも供えなくては、竜神さんのお社を掃除してお神酒とかを替えて、しないとと思うと起きれないので食べれませんでした。



三日目にようやく起きてお参りし、主人が言わなくてもちゃんとひとつお正月飾りをしてくれているのに気がつきました。床の間のお軸が富士山と日の出に替わっていました。今年は十一月のうちに・・・いや、まさか。  

Posted by tao at 00:07Comments(0)魚屋のいろいろ