京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ
にほんブログ村  にほんブログ村 料理ブログ まかない料理へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2013年05月15日

焼き物始め その一



たれを煮詰めている甘辛い匂いが漂っています。
鱧焼きのたれを作っているのです。

うちは、もともと、焼き物をしていませんでした。
いえ、ずっと昔は、母が炭で焼いていたのですが、店舗を改装するときに止めていたそうです。

卸売りの形態も世につれ、で、昔は室町がお昼の賄に焼き魚をたくさん注文され、それに追われていたそうです。
それが、だんだん生もの中心となり、旅館は大型化して自分で焼かれるし、うちが焼き物の卸売りをすることはなくなっていましたから。

それが、どうして、焼き物を始めることとになったのか。
きっかけは、この「たれ」です。
  続きを読む

Posted by tao at 22:00Comments(0)魚屋のいろいろ