京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ
にほんブログ村  にほんブログ村 料理ブログ まかない料理へ
にほんブログ村

2007年07月08日

七夕の京菓子

今日は七夕さん
明日は雨やろなーと言う感じの、空模様で、今日は二人は逢えなかったかも。



これは、織姫
なんか、西陣織でも着たはるんやろか、みたいな感じですね。



織姫の、糸巻き
ういろうやそうです。
ピンクの糸が可愛いですね。



これは、カササギ
なんで七夕にカササギかと言うと、雨で天の川が渡れないとき、カササギが橋になって二人を逢わせてあげるのだとか。
上用です。

それにしても、彦星のお菓子って見ませんねぇ。
お菓子はいつもの、甘楽 花子さんのです。


京都府の地域情報サイト【マチカド】
同じカテゴリー(季節)の記事画像
懸崖菊
今日の牡丹ちゃん♪
かに解禁
御室仁和寺桜紅葉
ひらかた大菊人形 龍馬伝
産大神山祭
同じカテゴリー(季節)の記事
 懸崖菊 (2011-10-16 23:33)
 今日の牡丹ちゃん♪ (2011-04-26 11:38)
 かに解禁 (2010-11-08 09:41)
 御室仁和寺桜紅葉 (2010-11-07 14:51)
 ひらかた大菊人形 龍馬伝 (2010-11-04 00:02)
 産大神山祭 (2010-10-31 17:14)

この記事へのコメント
松阪市三雲地域にある「星合町(ほしあいちょう)」に「鵲(かささぎ)の橋」があるそうです。

中納言家持=大伴家持(ちゅうなごんやかもち = おおとものやかもち)
かささぎの わたせる橋に おく霜の 白きを見れば 夜ぞふけにける
(かささぎの わたせるはしに おくしもの しろきをみれば よぞふけにける)
Posted by オルガちゃん at 2007年07月08日 02:11
カササギの話、ロマンチックですね。
中国の方に七夕にまつわるカササギの話を、聞いたことがありました。河南省の方だったけど、taoさんのブログで懐かしさがこみ上げてきました。二年前の七夕の行事の時、短冊に願い事を書いて、早く家族に会いたいと祈って居られました。(留学中だったので)

今年もメンバーは違いますが、願い事を墨で書いたり、浴衣を着たりして、外国の方達と七夕の一時を楽しみました。

京都もいよいよ、祇園祭の時期ですね。
賑わっていますでしょうか?
Posted by kazu at 2007年07月08日 20:12
kazuさん、素敵な七夕を過ごされたみたいですね。

祇園祭は今年は三連休が宵山となり、人出は凄いと思います。
大学在学中は楽しまれたのでしょうね。
Posted by tao at 2007年07月08日 23:56
学生時代は、祇園祭りの記憶があまりありません。
大徳寺の近くで、下宿していましたが、おばさんが、ちらし寿司を作って下さり、手作りのあんみつをご馳走になったりしました。
料理好きのおばさんのおかげで、京都で色々な事を教わりました。薄味の煮物などは、おばさんの味付けがお手本です。

就職してからも京都に居続けて、そのころは勤め先が四条河原町にあったこともあり、祇園さんを、楽しませて貰いました。

京都ときくと、いまだに胸キュンです。
Posted by kazu at 2007年07月09日 09:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。