京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ
にほんブログ村  にほんブログ村 料理ブログ まかない料理へ
にほんブログ村

2008年01月15日

伏見稲荷 お山めぐり

 このお狐さんを見やはったら、お稲荷さんて判らはりますやろね。
お山の眼力さんにあります。

お稲荷さんは、私にとっては、毎朝お札さんにお参りさしてもろうているので、身近な神さんです。
そのなかの御膳谷ていうて、お稲荷さんのお山にいたはる、ある神さんに、毎年お参りさしてもろうています。
そやし、毎年お山めぐりをします。
ヘルペスでうんうん言いながら登ったことも、ありますのんえ。

なんで、そこにお参りさしてもろうているのか、言いますと、なんか、見てもろうて、主人はここにお参りさしてもろうとええて言われたんやそうです。
一回だけ、年末の疲れでしんどうて、よう行かへんかった時があるんですけど、母が癌になりましてん。
そやから、三が日にしんどかったら、なんとか、松の内にお参りさしてもろうています。



まず、本殿をお参りして、左奥に進むと、階段があります。
階段を登って右に行くと奥の院、左に行くとお産婆さんの池に行くか、お山の上に上る道があります。

おもかる石は奥の院にあります。
持って、思うてたより軽いと願い事は叶うし、重いとあかんということです
私は、力はあるのに、重うて持てませんでした。
主人は軽々、何をお願いしたのか聞きましたら、「家内安全」やそうです。
私は「母が元気になりますように」だけで止めといたらええのに「父も元気になりますように」てお願い足したので、神さんが欲張りやと怒らはったンかもしれません。



奥の院の左側にお山めぐりに行く道があります。
道は鳥居に囲まれているので迷う心配はあらしません。
道はゆるやかな登り、階段がほとんどです。

熊鷹さんを通り抜けると、別の道から上ってきやはった人と合流します。

茶店とお塚をいくつか通ると四の辻です。ここは見晴らしがええです。

四の辻からは三つの道に分かれます。
うちは、真ん中の下っていく道を行きます。
眼力さんを通り抜けると、御膳谷。鳥居を頂いて奉納します。
お稲荷さんのお山は、こんな風に祠とお塚がいっぱいです。
八百万の神を体感できる場所やとおもいます。

 

お参りが終わったらご褒美に茶店で休憩。
あったかいおうどんが嬉しいですICON156

帰りには、腰神さんにお参りします。



膝腰の痛い人がお参りするんですけど、昔は当然年配のモンばっかりでしたが、今はサッカー少年らしき子供がいっぱいです。
ここのお守りさんをうちの番頭さんに毎年渡します。
もう七十半ばです。なんとか今年も達者で・・・

そして、立春大吉のお札をここでいただきます。



これで、今年も無事過ごせそうです。


京都府の地域情報サイト【マチカド】
同じカテゴリー(季節)の記事画像
懸崖菊
今日の牡丹ちゃん♪
かに解禁
御室仁和寺桜紅葉
ひらかた大菊人形 龍馬伝
産大神山祭
同じカテゴリー(季節)の記事
 懸崖菊 (2011-10-16 23:33)
 今日の牡丹ちゃん♪ (2011-04-26 11:38)
 かに解禁 (2010-11-08 09:41)
 御室仁和寺桜紅葉 (2010-11-07 14:51)
 ひらかた大菊人形 龍馬伝 (2010-11-04 00:02)
 産大神山祭 (2010-10-31 17:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。