京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ
にほんブログ村  にほんブログ村 料理ブログ まかない料理へ
にほんブログ村

2009年03月23日

天使の梯子

うちの家は、鰻の寝床の長い造りです。

京都では、昔間口に応じて税金を取らはったさかいに、間口は狭う、奥行きを深うするようになったていう話で、日当たりをようするために、をいくつか開けてます。

そこから、陽ぃが射すと、こんな感じになるときがありますねん。



眩しいくらいのこの日差しを、ひとりでこっそり「天使の梯子」て呼んでますねん。
ほんまもんは、素晴らしい景色で、宗教画によう出ています。



なんや、ありがたーい感じですやろぅ。

うちの梯子は一本で低うてニャンコが駆け上がりそうですけど、そやけど、仕事に追われているとき、ホッとさせてくれはる、「天使の梯子」ありがたいですわぁ。




京都府の地域情報サイト【マチカド】
同じカテゴリー(錦暮らし)の記事画像
みがき砂?
一日遅れ
同じカテゴリー(錦暮らし)の記事
 みがき砂? (2010-09-05 08:57)
 みがき砂 (2010-09-02 00:42)
 一日遅れ (2010-05-16 12:23)
 半紙 (2009-09-27 11:05)

この記事へのコメント
ほっとする一枚ですね。京都の町家の何気ないヒトコマ。
>ニャンコが駆け上がりそう
というのは面白いなぁ。ふふふ。

ただ、可燃物を積み上げたら、火袋の意味が・・・。
Posted by のり at 2009年09月29日 23:34
のりさん、おおきに。

はい、とりたててどうこうというもんやのうて、普通の暮らしを切り取りたいて、思うてます。

うちのにゃんこさんなら、上がりたいと思います。
階段上がるの早いし、木登りも早いし。

はい、あぶないです。けど、
時にこれをせんならん時がありますん。
Posted by taotao at 2009年09月30日 23:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。