京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 京都情報へ
にほんブログ村  にほんブログ村 料理ブログ まかない料理へ
にほんブログ村

2007年02月08日

しまつやのうて

夏はお仏花も、もちが悪うて、直ぐにしおれてきますけど、寒い間は、ましてうちみたいに冬は冷房がよう効くところは、お花も、ようもちます。

うちは、おついたちと15日に掃除をしてお神酒を替え、お花も替えるンですけど、まだ綺麗なんですよ。捨てるのはかわいそう



花束風に丸くまとめなおし、コップやカップにいけて飾るのですけど、主人は

「もう、仏さんのお花をこんなとこに置いて。」

と、ブツブツ。

けど、命あるもの、こんなに生き生き咲いているのに、捨てられますやろか。

「しまつ」とは、又違います。
命を大切にしたいということやと思います。


京都府の地域情報サイト【マチカド】

この記事へのコメント
捨てられし花瓶に命宿るまで 野花一輪挿してみる君

以前に新聞に投稿し、掲載してもらった短歌もどき作です。
私もなかなか捨てられません。
今もこの花瓶に、もくれんの蕾(年末に植木やさんに剪定してもらったもの)をさしています。花開くことを信じて・・・・

菊の彩り、綺麗ですね。まだまだ、蕾もいっぱい。
Posted by kazu at 2007年02月08日 18:19
kazuさん、短歌されているんですねー

店の帳場にあるカレンダーは、お花屋さんから頂いたものなんですけど、俵  万智さんの歌が書いてあるんですよ。
久しぶりに彼女の作品に接してみると、なにか心を乱されます。

もくれん、咲くといいですね。
Posted by tao at 2007年02月08日 23:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。